首页 > 资源导航 > 专利 > 人类生活必需 > 医学或兽医学;卫生学
国家/组织
全部
订阅
收起
专利
  • [发明专利]JP20170122401 _ TOTO株式会社 2017年06月22日
    【課題】汚物流し本体が壁受部から外れて落下し、自身が破損する又は床材を破損させることを防ぐことができる汚物流しユニットを提供する。【解決手段】本発明は、人工肛門や人工膀胱を装着した使用者の汚物を洗浄するための汚物流しユニット1であって、排水ソケット42と、壁面に固定される壁受部46と汚物流し本体2とを備え、汚物流し本体は、水平方向に向けられ...
  • [发明专利]JP20170122401 _ TOTO株式会社 2017年06月22日
    【課題】汚物流し本体が壁受部から外れて落下し、自身が破損する又は床材を破損させることを防ぐことができる汚物流しユニットを提供する。【解決手段】本発明は、人工肛門や人工膀胱を装着した使用者の汚物を洗浄するための汚物流しユニット1であって、排水ソケット42と、壁面に固定される壁受部46と汚物流し本体2とを備え、汚物流し本体は、水平方向に向けられ...
  • [发明专利]JP20140548715 _ ザ フェデラル ステート オートノマス エヅケーショナル インスティチューション オブ ザ ハイヤー プロフェッショナル エデュケーション “ナショナル ユニバーシティ オブサイエンス アンド テクノロジー “エムアイエスアイエス”THE FEDERAL STATE AUTONOMOUS EDUCATIONAL INSTITUTION OF THE HIGHER PROFESSIONAL EDUCATION NATIONAL UNIVERSITY OF SCIENCE AND TECHNOLOGY MISIS グローブテック 2000 ピーティーワイ リミテッド 2012年10月18日
    本発明は、医術に、具体的には最小侵襲性(内視鏡検査)法を用いる腸閉塞外科治療に関する。ステント挿入手段を用いた腸の全長に沿った腸閉塞の外科治療が可能となる。本発明第一及び第二の目的によって達成される技術的結果により、ステント位置決め又は取り出しの際に遠方への移動及び外科操作による腸への損傷の回避を可能するよう、ステントを腸の閉...
  • [发明专利]JP20150529115 _ カインド?コンシューマー?リミテッドKIND CONSUMER LIMITED 2013年08月27日
    吸入器は、吸入可能な組成物のタンク(2)と、弾性のダイヤフラム(14)によって移動され、タンクからの組成物流路を閉じる位置に向かって付勢されている弁要素(11)とを有する。第1の空気流路(16)はダイヤフラムの一方側によって部分的に画定され、第2の空気流路(17)はダイヤフラムの他方側によって部分的に画定されている。各流路は出口端で開口する出口(19f21)を備える。...
  • [发明专利]JP20040532757 _ 船津 和守 旭化成メディカル株式会社 2003年08月28日
    埋め込み型や循環型のハイブリッド人工臓器などに好適に使用される細胞含有デバイスを提供することを課題とする。中空糸膜の中空部に細胞を充填した細胞含有デバイスにおいて、該中空糸膜を異形断面にし、中空部に形成されている細胞集合体は、任意の方向に細胞が2層以上積層され、且つ該細胞集合体の任意の点から直近の中空糸膜内壁までの距離を75μ...
  • [发明专利]JP20150004725U _ 船木 賢咲 2015年09月16日
    【課題】安全に利用することができる移乗補助装置及びこれを含む自立援護システムを提供する。【解決手段】自立援護システム1は、居住空間に設置されたベッド2と、ベッド2の近傍に設置されたトイレ3と、ベッド2とトイレ3との間に位置する移乗補助装置4とを備える。移乗補助装置4は、利用者の身体を載せることができる支持部10と、支持部10の下面から延びる脚部と、脚部に...
  • [发明专利]JP20160019694 _ 中島 秀夫 2016年02月04日
    【課題】国内では便所に身体移動機が設置された事がない。【解決手段】箱と大筒とを上下に重ねた躯体を便所の天井裏の建築構造体に組み入れ、その箱の前面板と後面板との双方に固着した受け板それぞれに甲板を載せて固定し、その甲板に載せた第1ブレーキ付きギアモータの出力軸の先にカップリングとベアリングユニットと巻取りドラムとベアリングユニットとを順次に取り付けし、...
  • [发明专利]JP20160202452 _ 船山 高 2016年10月14日
    【課題】簡易な構造による自力及び他力の補助機構を有する起き上がり補助具を提供する。【解決手段】実施形態の起き上がり補助具1Aは、少なくとも側方支柱6に取り付けられた操作ハンドル9の上方端部側を可動シート3側に押し下げる方向の利用者の身体動作又は利用者以外の者の介助動作により、連結アーム8に連結された操作ハンドル9の下方端部側が可...
  • [发明专利]JP20180500876 _ ランツェッタ マルコ 2016年04月07日
    親指の大菱形骨と中手骨間の関節用のプロテーゼ(1)であって、親指の状骨(31)と中手骨(30)との間に配置するのに適した本体(2)を備え、前記本体(2)は、アルキメデスの立体の形状を有しており、前記状骨(31)と中手骨(30)との間のスペーサとして機能するプロテーゼ。【選択図】図5
  • [发明专利]JP20170001869U _ 船木 賢咲 2017年04月26日
    【課題】高齢者や障害者等の歩行を補助する歩行支援装置を提供する。【解決手段】歩行支援装置1は、床板2および床板2に固定される手摺り部3を備える。手摺り部3は、床板2から起立する一対の支柱4と、その両端部51が支柱4に固定される第1手摺り棒5と、第1手摺り棒5から床板2側とは反対側へと突出する第2手摺り棒6とを備える。手摺り部3は、床...
回到顶部
选择了条数据