首页 > 资源导航 > 专利 > 物理 > 信号装置
专利分类
国家/组织
申请日期 展开
全部
订阅
收起
专利
  • [发明专利]JP20170160930 _ イーライン株式会社 2017年08月24日
    【課題】作業の特殊性から、入港予定の舶の到着時刻を予測し、効率的な施工等を可能にするとともに、移動時における航行支援を行うことのできる支援システム及び警戒の支援も可能となる作業支援システムを提供する。【解決手段】作業支援システムAは、AIS情報受信手段、個別舶情報受信手段、航行予定情報取得手段、管制情報取...
  • [发明专利]JP20170103332 _ 株式会社東芝 東芝インフラシステムズ株式会社 2017年05月25日
    【課題】センサの設置間隔が大きい道路についても高精度で事故予報を行う事が出来る、事故予報システム、及び、自己予報方法を提供する。【解決手段】事故予報システム1において、事故予報用テーブル作成処理部312は、道路における所定の地点について、少なくとも、車両に関する過去交通データ、および、過去事故データを用いて、所定の学習アルゴリズムに基づいて、交通...
  • [发明专利]JP20170162761 _ 株式会社 ミックウェア 2017年08月25日
    【課題】未来の指定日時の道路交通情報を精度高く提供する。【解決手段】統計交通情報処理システム100は、路側装置1と、車両2に搭載された車載装置3と、統計交通情報管理サーバ5と、を備える。車載装置3は、路側装置1から受信した交差点情報c1と車両2の位置情報に基づいて、車両2が交差点を通過したと判定した場合、交差点ID及び通...
  • [发明专利]JP20170157303 _ 株式会社小糸製作所 2017年08月17日
    【課題】歩行者と車両を含めた移動体の安全かつ円滑な交通を実現する交通制御システムを提供する。【解決手段】信号機SIG等の標識機能を有する構造物が配設されている道路に配設されて歩行者、車両等の移動体の移動を制御するための交通制御手段を備える交通制御システムであって、交通制御手段の制御本体11は、信号機に接続する通信部12と、...
  • [发明专利]JP20180503278 _ 株式会社リコー 2017年02月27日
    移動体の移動状況を管理する移動体管理装置であって、撮像手段が被写体を撮像して得た画像データを取得する取得手段と、前記画像データに基づいて前記被写体が示す第1の交通情報を認識する認識手段と、発信装置から前記被写体が示す第2の交通情報を受信する受信手段と、前記第2の交通情報が受信されない場合には、前記画像データが取得...
  • [发明专利]JP20180503278 _ 株式会社リコー 2017年02月27日
    移動体の移動状況を管理する移動体管理装置であって、撮像手段が被写体を撮像して得た画像データを取得する取得手段と、前記画像データに基づいて前記被写体が示す第1の交通情報を認識する認識手段と、発信装置から前記被写体が示す第2の交通情報を受信する受信手段と、前記第2の交通情報が受信されない場合には、前記画像データが取得...
  • [发明专利]JP20170164460 _ トヨタ自動車株式会社 2017年08月29日
    【課題】自動運転アルゴリズムの適切な評価をする。【解決手段】自動運転アルゴリズムをシミュレーションにより評価するための自動運転評価装置であって、自動運転アルゴリズムによる自動運転が行なわれる自動運転車モデルの初期状態と、移動体モデルの初期状態と、自動運転車モデル及び移動体モデルが配置される道路環境との設定により、自動運転車モデル及び移動体モデ...
  • [发明专利]JP20170125896 _ 株式会社日立製作所 2017年06月28日
    【課題】移動経路を構成する複数の移動手段について、それぞれの時間的な需要変動を考慮しながら適時に交通需要予測を実行する。【解決手段】予測対象地域で公共交通機関によって運行されている交通便の運行計画及び運行状況に関する輸送サービス計画情報と、予測対象地域内にある地点間の移動需要に関する移動需要予測情報と、交通便...
  • [发明专利]JP20170125896 _ 株式会社日立製作所 2017年06月28日
    【課題】移動経路を構成する複数の移動手段について、それぞれの時間的な需要変動を考慮しながら適時に交通需要予測を実行する。【解決手段】予測対象地域で公共交通機関によって運行されている交通便の運行計画及び運行状況に関する輸送サービス計画情報と、予測対象地域内にある地点間の移動需要に関する移動需要予測情報と、交通便...
  • [发明专利]JP20170110083 _ 阪神高速道路株式会社 阪神高速技研株式会社 株式会社地域未来研究所 オムロン株式会社 2017年06月02日
    【課題】渋滞や事故等の交通事象が発生する要因の解析が精度よく行える交通情報の取得が行える技術を提供する。【解決手段】車両検知部21は、走行路を走行している車両100を検知する。車両追跡部22は、車両検知部21が検知した車両100について、当該車両100の検知時刻と検知位置とを対応付け検知データを生成する。属性情報付加部23...
回到顶部
选择了条数据