首页>知识导航 > 林业 > 香料树种 > 香桂
全部
订阅
收起
  • [外文期刊] 有岡利幸 《林業技術》, 2003 732
    近鉄大阪線長瀬駅から勤め先までの,通称大学通りから一つ南側の小道を通勤路としています。主に木造二階建ての家が両側に並び,家々の小さな庭には庭木が植えられ,ところどころの遺沿いには生け垣が見られます。 あるとき,歩きながら横目で観察できる樹種を数えたことがあります。 そこには杉,桧,黒松,五...
  • [外文期刊] Fomuso LB Akoh CC 《Journal of Agricultural and Food Chemistry》, ISTIC EI SCI PKU CSSCI 2001 9
    Stearic acid was enzymatically transesterified with high-laurate canola using a nonspecific lipase from Candida antarctica to produce structured lipids (SL) suitable for margarine application. Stearic ...
    Fatty AcidsMonounsaturatedLauratesMargarineStearic Acidscanola oil脂肪酸类单不饱和月桂酸盐类人造黄油
  • [外文期刊] 伊藤哲郎 《椿》, 1999 38
    町田の今の地に家を建ててから、25年になる。 当時は60坪ほどに敷地に建坪刃坪の家を建てるのが精一杯であった。 分譲地には、各区画毎に片隅に金木犀、サソゴ樹、ツツジ、ヒバ、ツバキ(紅乙女)の5種類の木が各1本づつ植えてあるだけで、全く殺風景なものだった。 取りあえず庭を緑化しようと、手当たり次...
  • [外文期刊] 魏江生 山本太平 井上光弘 《農業土木学会論文集》, 1999 2
    1983~1995年に伊克昭盟地方において砂漠緑化のために12万haの飛行機播種のプロジェクトが行われた.この12年間の138播種区に関する調査データのうち,本地方に適した植物種,播種量を検討した場合,①と②の結果が得られた.①飛行機播種に適する植物種は楊柴,子嵩,沙打旺,草木犀...
    飛行機播種活着面積率毛烏素砂漠庫布其砂漠数量化I類Air-seedingplant cover rateMu Us desertKubuqi desert, Quantification Theory 1
  • [外文期刊] 倉重祐二 《園芸通信》, 2006 10
    秋を代表する香り高い花を咲かせる花木といえば、キンモクセイ。 小さなオレンジ色の花と濃い緑色の葉の対照も鮮やかです。 キンモクセイは、雌花と雄花が別の株につきますが、日本には雄株のみが江戸時代に中国から渡来したため、実を結びません。 薫り高い花は庭木として単木で、また宿根草や球根花壇の背景と...
  • [外文期刊] 船越亮二 《園芸ガイド》, 2004 5
    花のかわいらしさはもちろんですが、キンモクセイといえば、なんといってもその香りが魅力。 ロウバイ、ジンチョウゲなど、芳香が自慢の花木をあわせてご紹介します。 うっとりと甘く漂う香りを楽しみましょう。 モクセイ科モクセイ属/常緑広葉中高木/樹高5~8m/花期9~相月先が4裂したラッパ状の橙黄色の小花が菓腋にかたまって多...
  • [外文期刊] 諸星利夫 《近代盆栽》, 2007 360
    若干樹勢の弱いとされる月桂冠と強健種の明鏡との交配種。 花の底に黄味を帯びた白地に紅色の大小絞り、飛び入り絞り、覆輪、底白と花芸も多彩。 照り葉の小葉性なので、文人など、秋の姿を楽しむにも理想的な品種と言えよう。 樹勢も強健で、枝がよくできるのも、明鏡のなごりか。 幸手も太...
  • [外文期刊] 鈴木幸恵 《フロ-リスト》, 2006 12
    リースの起源は古く、紀元前1440年頃の古代エジプトの古墳に残された絵に牛の首に飾られたハスの花のリースが見られる。 さらに、ギリシャ時代にはアポロンの競技で勝者の頭上にローリエの枝で作られた月桂冠が授けられた。 そして、北ヨーロッパでは夏至祭に白樺の枝葉で作られたリースが街の中心に立てられたメイポールに掛...
  • [外文期刊] 秦洋三 《日本農芸化学会誌》, 2002 4
    われわれ日本人の食文化は清酒,醤油,味噌など多くの醸造食品により支えられているが,これらはすべて微生物を有効に利用して得られる産物である.これらの醸造微生物について,優良菌株の選択,育種や効率的な培養法の開発など,長年にわたる多くの試行錯誤の結果,現在の製造方法が完成さ...
    glucoamylaseAspergillus oryzaesolid-state culturegene expressiontyrosinase
  • [外文期刊] 秦洋二 《日本農芸化学会誌》, 2002 8
    清酒,醤油,味噌などのわが国の醸造食品においては,「麹造り」と呼ばれる固体培養を行う.麹造りとは,さまざまな穀類にカビを生育させて,醸造に必要な加水分解酵素や香味成分を生産させることである.また「麹造り」以外にも,鰹節やナチュラルチーズの製造など穀類以外にカビを生育させる固体培養法...
    solid-state cultureglucoamylaseAspergillus oryzaegene expressiontyrosinase
回到顶部
选择了条数据